KIMURA Sachie

NOTE

私とは何か――。

What am I ?

2016.10.22


それは、仮定された《同一性》と、他とのあいだに、絶え間なく立ち上がる界面によってとり囲まれる。

It is surrounded by interface restlessly rise between a presupposed "identity" and others.

2016.10.22


その界面は、見えたり見えなかったりする、起源なき半透明の皮膚である。

The interface is flickering,and semitransparent skin without origin.

2016.10.22


その皮膚に形を与えながら、結果、私は自画像を描いている。

Giving shape to the skin,I am rendering self-portraits eventually.

2016.10.22


その行為は、私を支え、私と争い、私の存在の条件となる他者との向かい合いによってでしか可能にならない。

The activities are impossible without facing others who support me, conflict with me, and are complementary to my existance.

2016.10.22



NOTE FOR "CRITICAL GAUZE" (2015)

「クリティカル・ガーゼ」:このシリーズは、日本のハンセン病についての考察が元になっている。

"Critical Gauze":This series based on studies of Hansen's disease in Japan.

2015.9.12


gauze /gˈɔːz/【名詞】
1a(綿・絹などの)薄織; 紗(しや), 絽(ろ). bガーゼ.
2(細いプラスチックの糸・針金で作った)網,金網.
3薄もや,薄がすみ.
(『新英和中辞典』研究社)


gauze /ɡɔːz/
A thin fabric with a loose, open weave.
A similar bleached cotton fabric used as a surgical dressing.
A thin woven metal or plastic mesh.
Wire gauze, used as fence.
Mist or haze
("Wiktionary" 2015/10/26)

2015.9.12



Copyright (C) KIMURA Sachie. All rights reserved.
1